トップページ »  » 団塊世代のメガネ感「遠近両用コンタクト」

団塊世代のメガネ感「遠近両用コンタクト」

 団塊世代のメガネ感

 遠近両用コンタクトの使用開始のお礼と言う事で両親が自宅で食事会を開きました。その時、団塊ジュニアとしては信じられないような、団塊世代のメガネ感を聞かされました。
遠近両用コンタクトを使い出して最近、子供の頃からの思い出を書いているそうです。今回の子供一同での遠近両用コンタクトのプレゼントを結末とした、メガネに関する一文が出来上がっていました。
"昭和30年代の小学生にはメガネを掛けた子は殆どいませんでした。一学級が55人ほどで何かの視察の度に臨時の学級編成が行われていました。
小学校の卒業記念写真にはメガネの子は写っていません。中学生になると勉強熱心な生徒の中にメガネが出てきます。例外はあるでしょうが、メガネ=ガリ勉=勉強が出来る生徒と言う図式が出来ていました。
視力が悪くなってもガリ勉と言われたくないばかりにメガネを拒否する生徒も多かったようです。それでも、高等学校の受験が迫ってくると、一割くらいの生徒がメガネ使用になりました。
同時にメガネ=ガリ勉=勉強が出来る生徒と言う図式も壊れました。当時はメガネを掛けると男子は2,3割男前が上がり、女子は逆に2,3割女っぷりが落ちると言われた時代です
その後、長男が進学塾に行ってしばらくしてメガネをかけました。中学校進学と同時にコンタクトを使い始め、今、夫婦揃って子供たちのおかげで「遠近両用コンタクト」を使わせていただけます。みんなありがとう!!"子供たちに感謝している気持ちだけは伝わりました。