トップページ »  » 父の考え方「遠近両用コンタクト」

父の考え方「遠近両用コンタクト」

 父の考え方

 父は少し違った考え方をする人です。遠近両用コンタクトについても完全を求めていません。聞くところによると、思ったほど効果が無い、と言われる方もいらっしゃるようで、父に言わせるとこれらの多くは、遠近両用のメガネ、老、近、単独のメガネに比べるから・・・
父は今まで使っていなかったメガネを通り越して、直接、遠近両用コンタクトの使用を開始したので、文句はないそうです。遠視と近視で困っている方には、これまで遠近両用のメガネか老、近、単独のメガネの使い分けが必要で、それぞれ問題点が存在してました。
遠近両用コンタクトでは、とりあえずこれらの問題をクリア出来ているようです。この事は、メガネを掛け替える手間や、メガネ独特の視野の中に見えるフレームによって見えない部分の存在、以外に多いフレームへの接触・・・
こんなことに困っている方にとって、「遠近両用コンタクト」の使用は、明るい話題に間違いないようです。私にとっても両親が揃って、遠近両用コンタクトを使うことで、家庭内事故の心配が減り、費用分担も母だけの時の半分になるので、父の遠近両用コンタクト使用の決断は朗報でした。
これからも、両親が揃って、元気で暮らしていけるための提案は続ける予定です。