トップページ »  » 両親に遠近両用コンタクトを紹介。

両親に遠近両用コンタクトを紹介。

 両親に遠近両用コンタクトを紹介。

 私は父が大好きですが、怖いのです。気分屋ではないのです。手を上げることも有りません。そんな父なので、物事を教えてもらうことは有っても、逆は考えられませんでした。
ところが先日、その父から『ありがとう、良い事を教えてくれたね!』なんと、誉められたのです。それは最近、両親に「遠近両用コンタクト」について説明し紹介していました。
両親とも、日常生活(パソコン操作も含む)ではメガネを使っていません。年令的にも視力が衰えていることは間違い有りません。両親揃って、遠視と近視の両方が有るようです。母は、遠近両用メガネを持っていますが、家事の最中にレンズが曇ったり、眼鏡がずれたりするので、あまり使っていません。母が遠近両用メガネを作った時、父も一緒にと思ったようですが、父がテレビなどで、出演者が、視線を上下に動かす様子が嫌だと言って、相手にしてくれませんでした。
それで、遠近両用コンタクトの話をしました。特に、母は興味を示していました。その時はそれで終わっていました。両親の住んでいるところから200mくらいの国道沿いにメガネ、コンタクトレンズの専門店があります。
母が、自分の意志で、遠近両用コンタクトの相談に行って、眼科の検査まで、終わっているそうです。